【ジャンクスピーカー】500円でスピーカーの硬化したエッジを復活させる方法をご紹介

DIY

僕が今使っているスピーカーのDIATONE DS-200Z、「イマイチいい音がしないな」と思っていたら、ウーファーのエッジがカッチカチに硬化していた。

そこで調べてみると、500円ほどで簡単に硬化したエッジを柔らかくする方法を発見。

試してみたところ、エッジはしっかり柔らかくなり、音質もかなり向上して大満足。

エッジが硬化したスピーカーはハードオフのジャンクコーナーでとても安く売っていることも多いので、それを直して使えばかなりお得にスピーカーを手に入れることも可能だ

今回は、スピーカーの硬化したエッジの直し方をご紹介したいと思う。

 

スポンサーリンク

エッジの硬化にはブレーキフルード

スピーカーのエッジの硬化の直し方を調べてみると、ブレーキフルードが効果的との情報を発見。

実際にAmazonでブレーキフルードを調べてみると、本来の用途ではないスピーカーエッジの修復に使用したというレビューがたくさんあった。

しかも、スピーカーの修復に使用したというレビューには軒並み☆5がついていて、ブレーキフルードを使用した修復の信頼度はかなり高い

お値段も460円とかなりお手頃だったので、購入して試してみました。

 

実際の作業

ブレーキフルードの使用方法は硬化したエッジに塗り込むだけ

綿棒にブレーキフルードをつけて、まんべんなく垂れない程度にエッジに塗っていった。

1回塗った程度では効果はないようなので、塗っては乾燥のため数時間放置を繰り返し、エッジの様子を見ながら塗布を繰り返す。

5回目の塗布でエッジが概ね柔らかくなったので、最後に指で触って少し硬さが残っているところにブレーキフルードを塗布。

以上で作業は終了。
2日間かけてじっくり進めていった。

カチカチだったエッジが、綿棒で軽く押すだけで凹むくらい柔らかくなりました

鳴らしてみると変化にびっくり

エッジが柔らかくなったところで、早速設置して鳴らしてみた。

以前は腰高で芯のないような音だったけど、作業後のスピーカーは豊かに低音が鳴り、とても活き活きとした音に変わっている

元気のない音から一気に若返ったような音になり、音の分離もいいし、音楽的なグルーブを感じ取ることができるようになった印象。

ブレーキフルードで、かなり劇的な変化を感じることができた

500円以内でこの結果は、かなりコスパ高し。

手持ちのスピーカーのエッジが固くなってしまったり、ジャンク品でエッジが硬化したスピーカーを見つけたら、試す価値アリじゃないでしょうか。

ぜひ挑戦してみてほしい・

タイトルとURLをコピーしました